全国大学選抜決勝戦速報

2018.07.08 Sunday

0

    全国大学選抜の予選、決勝戦の結果をご報告致します。


    ◎決勝戦

    対明治大学


    伊藤優ー小和野

       0:2   負け   

    芳賀ー古屋敷

       2:0   勝ち

    岩津ー小森

       0:2   負け

    生駒ー佐藤

       0:0   引き分け

    伊藤弘海ー松本

       1:2   負け


    1:31引き分け中央大学の負けです。

    スポンサーサイト

    2018.11.15 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント

      連覇ならず。
      残念です..。
      • by 森本
      • 2018/07/08 4:12 PM

      タイトル防衛ならず。
      残念です。

      まだ明治に比べ勝負処が弱いし、選手の層も薄い。

      一般入部選手を含むレギュラー選手の充実が必要だと思います。


      後期の挽回を期待します。
      • by 加藤
      • 2018/07/08 4:51 PM

      対明治については昨年来同様に先行逃げ切りでいくべきだった。
      (昨年は先鋒西山、次鋒伊藤で2―0でリードし、中堅二橋は相手側のエース百合草に落としたが副将生駒が勝利し大将戦を待たず中央大が勝利した。)
      現状戦力数で明治大学に劣る中央大学の戦略として先制点を取るは鉄則であり、先鋒はとても重要なポジションであると思う。

      それを今シーズンの調子はわからないが、これまでの学生拳法の経験、実績に乏しい伊藤選手が全国選抜の決勝戦の先鋒に置くのはオーダーミスではなかったかと感じます。
      本人も余計なプレッシャーが掛かったのではないかとも思います。

      何年か前にも東日本の決勝の対明治戦で三段合格して間もない一般入部選手を先鋒に起用して失敗〜敗北したケースがあった。

      団体戦のオーダーの組み方は大変だと思うが選手の実績、性格、その日の調子等を十分に考慮してベストメンバーを作り次回こそ優勝を奪取してもらいたい。

      • by 中川
      • 2018/07/09 5:11 PM
      それらを踏まえて伊藤君にしたんだと思います。じゃ誰なら良かったと言いたいんですか。どこまでいっても難しい問題。みんなよくやってるし、悔しい思いもしている。みんな十分わかっている。勝ったり、負けたり、全国の決勝戦とはそういうもの。次に繋げれば良い。
      • by 匿名
      • 2018/07/09 10:22 PM
      コメントする